月別アーカイブ: 2月 2018

家をリフォーム

静岡で一戸建ての注文住宅を建てて15年、

最近では部分部分に家の中をリフォームしておいてます。

日本では少子老齢化が進んでいて、実感できるところは、老人ホームやデイサービス増加そして空き家と古い一戸建て住宅も増えています。

私が言った古い家は築20年以上の一戸建て住宅です。

マンションとかは置いときましょう。

普通の一戸建て住宅の場合、シロアリ対策は3~5年に1度がおすすめですが、実際我が家みたいに10年以上もやってないお宅が沢山いると思います。

シロアリ対策と同様に、

家の顔といいますが、外壁の塗り替え、修理修繕はおおよそ10年が節目だと考えたほうがいいと思います。

静岡で注文住宅を建てた時、お引渡しの説明を受けた時、大体の設備関係の保証は10年間とのことを思い出した。

設備の会社は保障期間を10年に設定したので、きっとその訳があるでしょう。

理由は大体10年過ぎると、設備が古くなって、故障がしやすくなるのです。

修理代は高くなるので、買い替えが良いかもとするパターンも良くあります。

最近では設備だけ買い替えするより、

その機会で、部分リフォームが良いかもしれません。

特に水回りです。

トイレだけ、温水便座に替えて、床のクッションフロアや壁のクロスをリフォームするだけでも、毎日ウキウキ、幸せな気分になりますよ。

健康・笑顔と幸せな気分が人を若々しくするものです。

私はそう信じています。

余裕がある時、部分部分で我が家をリフォームしていきたいと思います。