リフォームブーム

少子高齢化・人口減少の急速な進展、後期高齢者の急増に伴いかつ保護受給世帯が増加しています。世帯数の減少により空き家がさらに増えています。

政府はその急増する空き家の活用および計画的な解体・撤去を推進しています。みなさんの理由はさまざまだが、買い替えや新築住宅より住んでいる住宅を手入れしながら長く使う住宅リフォームを活用している人が増えている。

これまでの住宅をつくっては壊す社会からいいものを作って、きちんと手入れをして、長く大切に使う社会へ移行するため、長期優良住宅かリフォームの取り組みや住宅建築物の環境対策、地域の良質な木造住宅の生産体制の強化等への支援を行うと共に、良質な住宅ストックの適正な評価や流通が図られた住宅市場環境の整備するよう、国土交通省の予算請求概要に掲載されています。適切な中古住宅流通・リフォーム市場の活性化を図ることになっています。

そのため、平成28年に長期優良住宅リフォーム事業推進のためにかける国費は61.2億円約3倍を増やしています。リフォームに関するテレビ番組もなかなか長寿であり、リフォーム事業は今が熱いですね。

PR/工務店向け集客ノウハウ 生命保険の口コミ.COM 住宅リフォーム相互リンク集