リフォームをせず騙し騙し生活しているのは…?

リフォームをしたいけれど、まだやってない理由なんてひとつですよ。それは「お金に余裕がないから」です。マイホームを新築で建てる際には、それほどピンときていなかったものですけれど、家って何かにつけて高いのですよね。

たとえば、建具だってひとつ数千円、数万円としますからね。数百円の世界ではないものですから。ちょうつがいひとつをとっても、どれでもいいわけではなく、特定のドアに合うちょうつがいが必要となりますので、1万円の価格となっていたりするのです…。

また、クロスの張替えにしましても一部屋だけの張替えを行うと、その部屋だけ真新しく浮いてしまいますので、どうせならば全面張替えを行いたいものですよね。しかしそうなりますと、まとまったお金が必要となります。しかしドンと用意できる余裕はありませんから。

しかしどうせリフォームをするのならば、一度にまとめて行うのが工賃にしても、そしてまた家づくりの観点でも重要だというものでしょう。

そういうわけでわが家の場合は、まとまったお金をリフォームに支払っても痛くないほどの貯金額になるまで時期を待っているのです。お金さえあれば我慢せずに今すぐリフォームを行いたいものですが。

コメントは停止中です。