全面リフォーム

新築住宅を購入して15年から20年を経過すると、生活パターンの変化等に対応した住み易さの追及をしたリフォーム、住宅を長持ちさせる為に必須の屋根や外壁塗装等メンテの為のリフォームが順次必要となって来ます。
我が家は建売住宅であった事もあり、住み易さの追及では、購入当初から妻が少し不満に思っていたダイニングキッチンの全面リフォームを行いました。
システムキッチンを妻のお気に入りの高級品に入れ替え、床のフローリングの張替え、天井や壁のクロス張替え等、ほぼ全面的にリフォームを行ったのです。
私の定年退職前に、長年会社の仕事一筋だった私を支えてくれた妻への感謝の意味も込め、またダイニングキッチンは女の城でもあり、リフォーム内容はすべて妻が気に入る様に全面的に任せました。
システムキッチンの流し台は妻の身長に合わせて調整してもらい、少し身長が低いため吊戸棚は流し台の前に付いたリモコンで昇降できる最上位モデルにしました。
綺麗になると共に、自分のお気に入りに全面リフォームできた事で、妻は新築住宅を購入した時以上の喜びようでした。
費用はもちろん掛かりましたが、妻の喜びようを見ていると、このリフォームを行って本当に良かったと思っています。