はじめて手に入れたマンションはその後はリフォームして貸出、

マイホームと言ってもタイプは色々有るでしょうし、一戸建てでも建売住宅とか注文住宅、それに集合住宅のマンション型など、他にも形式的には色々とあるでしょうが、何れにしても念願叶った初めてのマイホームというのは、初めの内は天下を取ったような爽快な気分に成ったものでした。

そうなんです、私の場合は夢のマイホームとして、通勤に便利な駅近くの中古のマンションを購入したのです。 建物自体は相当に古くなってはいたが、兎に角も夫婦二人で暮らすには充分だし、何より金額が以外に安かったので、親に援助もあって現金で購入したのでした、

住みはじめて凡そ10年以上も過ぎた頃、子供も出来て小学校にも入学しましたが、学校そのものが歩いて15分から20分もかかるという遠さであり、尚且つ、子供が病弱でもあったので。結局我々は郊外の土地付きの建売り住宅を改めて購入したのです。

此の時に、今まで住んでいたマンションは、設備や壁などをリフォームして他の人に貸し出すことになったのです。 元より、駅近くの住居であり、通勤には便利なところだったので直ぐに借り手が付いたのです。 其の家賃分を我らの住宅ローンに当てたのです。

コメントは停止中です。