足の不自由になった親の為のリフォーム

母親が高齢になり、自宅のちょっとした段差にも苦労するようになったので玄関等スロープや手すり、トイレの段差を解消するためのリフォームを行いました。
足腰に不自由を感じない人なら本当になんでもない、気にも止めない程の段差でも、殆ど足が上がらず摺り足のようにしか足を運べない高齢者にとっては大きな障害になるのだということが身に染みてわかりました。
将来的に車いすになることも視野に入れて、家の敷地入口から玄関、母親の寝室、食堂までの範囲に一切の段差を排除し、少しでも歩けるうちは自分の足で移動できるようにすべての動線に手すりを配置しました。玄関はもともと広くとってあったので、間口の半分ほどをスロープにして動線をつなげました。
トイレは入口をフラットにするととに、壁の両側に手すりを配し、介助を受けやすい体勢を維持しやすい工夫をしました。
少しでも長く自宅で暮らしたいと言う母親の希望がこれで大分かなえられると思います。自分の家で自分で動く事を望む母の為によいリフォームが出来ました。