可能な限りリフォームして住み続けたい

マイホームが古くなったら、私ならリフォームして少しでも長く元の家の形のままで住み続けたいです。

そもそもマイホームを持つのはなぜかというと、私にとっては気に入った家で、そして住み慣れた土地で定住したいからです。そういう理由から、古くなったからといって売却して手放すという選択はしたくありません。せっかく気に入って購入した場所には長く住んでいたいです。

建て替えをするとなると、家の外観が変わってしまいます。ずっと住んできた家には思い入れがあるので、見た目が変わってしまうと何だか違う家に住んでいるようで落ち着かない気分になりそうです。ただ、家の土台が痛みすぎていて使えないとなると、建て替えも考えざるを得ないかもしれません。そういうやむを得ない理由でなければ、積極的に建て替えをすることはないでしょう。

リフォームをするなら、家の傷んだところを修繕するだけなので、大幅に家の雰囲気を変えずに、購入したときの姿を保ちながら住めます。マイホームの古さは家族の歴史でもあるので、長く大事に付き合っていきたいです。その願いを叶えられるのは、リフォームだと思います。

コメントは停止中です。